保養と健康づくり 健康保険組合のご案内 こんなとき 届出・申請書一覧 けんぽQ&A 介護保険

 健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを被扶養者といいますが、被扶養者の範囲は法律で決められています。

被扶養者の範囲
 被扶養者となるためには…主として被保険者の収入によって生活していることが必要です。扶養の程度の基準としては、被扶養者となる人の年間収入が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であることとされています。

※ここでいう年間収入130万円未満とは・・・・・・・所得税法上の課税所得とは異なり、1年間のうちの金額の幅を意味するのではなく、一定時期の所得日額又は、月額等を年額に換算した場合を意味します。例えば、給与収入(交通費込み)が月額の場合は、108,334円未満、雇用保険の失業給付の場合は、日額3,612円未満となります。

 なお、被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
被保険者と同居でも別居でもよい人 被保険者と同居が条件の人
・配偶者(内縁でもよい)
・子、孫
・兄姉、弟妹
・父母などの直系尊属

・左記以外の三親等内の親族
・被保険者の内縁の配偶者の父母および子
・内縁の配偶者死亡後の父母および子

※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件である「同居」が撤廃されました。
「三親等内の親族図」
「こんなときは、こんな届け出を」
「被保険者・被扶養者が75歳になった場合」
COPYRIGHT(C) 2005 大阪府電設工業健康保険組合 All rights reserved.