保養と健康づくり 健康保険組合のご案内 こんなとき 届出・申請書一覧 けんぽQ&A 介護保険

 健康保険に加入している本人を被保険者といいます。法人の事業所では、常時1人以上、個人の経営する事業所(強制適用とならない業種を除く)では5人以上の従業員がいる会社や工場、銀行、商店など健康保険法で定められた事業所に働く人で、被保険者としての要件を満たした場合には本人の意思にかかわらず誰もが加入することになっています。
 就職した人はその日に被保険者の資格を取得し、退職または死亡した日の翌日に被保険者の資格を失います。
 また、75歳になると在職中でも健康保険の被保険者資格を失い、後期高齢者医療制度に加入することになっています(ただし、海外に住所を有する人は除く)。

被保険者の資格取得基準の明確化(平成28年10月1日以降の取り扱い)

 従来の資格取得基準は「1日または1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が通常の労働者のおおむね4分の3以上の労働者」となっていましたが「1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が通常の労働者の4分の3以上の労働者」に明確化されました。

短時間労働者の適用拡大(平成28年10月1日施行)

 労働時間・労働日数が通常の労働者の4分の3未満の方でも、次の5つの要件をすべて満たした場合は短時間労働者に該当するため、健康保険・厚生年金保険の被保険者となります。

(1) 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
(2) 雇用期間が継続して1年以上見込まれること
(3) 報酬の月額が8.8万円以上あること
(4) 学生でないこと
(5) 法人番号が同一の適用事業所で被保険者数が1年のうち6ヵ月以上500人を超える企業に勤務していること
(平成29年4月1日より、労使合意した従業員数500人以下の会社に勤める人も対象になります。)
 

 これにより、被扶養者になっている方が勤務先で被保険者になった場合は、「被扶養者異動届」により、すみやかに扶養削除の手続きをしてください。

「健康保険の家族(被扶養者)」
「退職後の医療保険」
COPYRIGHT(C) 2005 大阪府電設工業健康保険組合 All rights reserved.